MENU
はむお
堕落しがちアラサーちゃん
考えがコロコロ変わる人。ミニマリスト気質でありたいが今日も部屋は散らかっている。

2022-09(September)

日々の出来事、思考や思惑など毎日更新しています。

スマホの場合、画面を横スクロールしてお読み下さい。

月の後半(15日〜)から読みたい時はこちらから

9月1日(木)

ここ数日、ネットでもリアルでも、嫌われる勇気と傷つく覚悟が欲しいと思った。そのために少しずつ自分を傷をつける練習をしてる。

なんかかっこつけてるけど、いわば自己防衛のための自傷行為のようなもんだね。結局、いつもの独りよがりだよ。

必要以上に傷つく必要なんてもちろんないけど、いきなりナイフで切りつけられたら、ショックだし、痛いじゃん?だから予行練習が必要なんだ。

それは、今後私がなにか伝えようとした時に、周りの目とか空気に押さえつけられて言いたいことも言えない感じになるのが嫌だから(ポイズン)

何か言葉を発して、そこから理解とか共感が得られて、ステキなものが生まれたり、みんながラクできる仕組みとかを作れたら嬉しい。

そこで、理解も共感もされなかったとしても、その時間をあなたと私で共有できたことに価値があると感じるよ。

あなたはそれが”無駄な時間”だと思う?・・・そもそも私のことが嫌いなんだよね、ごめんごめん。話しかけてごめん。

人生短いのに、あなたの貴重な時間を奪ってしまってごめんね。先に謝るよ。私のことは無視してくれて構わないから、どうかその時間を大切な人の為に使ってね。

だけどね、私とあなたの気が合わないとしても、そこからなにかしらの気づきが欲しいと思ってるんだ。たとえ、一生わかりあえないとしても。

「すれ違うだけの人もいたね」とGLAYも歌ってたから、どうしても無理なら諦めるけど。

私は別に戦争を起こそうなんて思ってない。私は空気が読めないし、いつもどこかで蚊帳の外だと感じているけど、基本的には平和主義者だから。別に自分がいちばん目立ちたいと思ってるわけじゃないし、、少なくとも自分ではそう思ってる・・・

ただ、私は自分の思ったこと、感じたことを素直に口に出したいだけ。誰も傷つけない世界なんて無理だってわかってるけど、せっかく生まれてきたんだから、何か爪痕を残しておきたい。

といっても、私がいま住んでいるのはネットもリアルも比較的優しい世界だから、結果的にはこんにゃくで叩かれる程度の痛みもなかったよ(いや、リアルのことについては結構傷が深い・・・珍しく引きずってる)

結局のところ、何事も伝え方とそれを伝える人が大事だと思った。あまりにも頼りないなぁ、私の喉元と指先では。

どんな強烈なパンチを喰らっても、ヘラヘラと笑っていられる強さが欲しいです、先生。

9月2日(金)

今、フランソワでこの手紙を書いています。

嶽本野ばら カフェー小品集 より

この小説を読んでから「行ってみたいな」と思って二十歳ぐらいの時に訪れた京都の純喫茶。

たしか、もう夜遅くてもう閉まっていたから、またいつか来ようと思ってたことをすっかり忘れていて、先日、自分のやりたいことリストを見返していて思い出した。

この小説のことも、カフェーのこともすっかり忘れてしまっていて、ただ「京都に行きたい純喫茶がある」という想いだけが、頭の片隅にあったんだけど、京都行きを決めてから、急にふと・・・・・・つい昨日のことなんだけど、この小説のことを思い出したんだよね。

嶽本野ばら氏が通っていた、実在する複数の喫茶店が舞台になっていて、実話なのか妄想なのか本気なのか冗談なのかわからないレベルで綴られるエッセイみたいな短編集。

いきなり思い出したもんだから、自分でもびっくりして急いでKindleで購入して途中まで読んだ。記憶って不思議なもんだよね。

なんか繋がっちゃうの。こういうことが最近多々ある。話が出来すぎていて自分でも笑っちゃうけど本当なんだよ?(笑)

私が行きたかった喫茶店は「みゅーず」と「フランソワ喫茶室」と哲学の道の近くの「若王子」だと判明。「みゅーず」と「若王子」は残念ながら閉店していたようで、四条河原町にある「フランソワ喫茶室」に行ってきた。

京都行きの新幹線の中で久しぶりに読む嶽本野ばら氏の作品は、まぁコッテリギトギトズブズブの自己陶酔というか、つまり私の大好物だった・・・。最後に読んだのも多分10年前ぐらいだと思う。

私が極度の厨二病で激しくこじらせてしまったのは、中2の頃に過剰装飾のフリルやリボンの鎧を纏う彼に出会ってしまったからだ。あと太宰治。

思い出してしまったんだよ、知らず知らずのうちに封印してた記憶だったのに。

私もかつては乙女だったんだよね・・・思い返すと寒気がしなくもないけど、仕方ない、黒歴史は誰にでもあるものだから。どうせ君もそうでしょ?

今、フランソワでこの手紙を書いています。

私も喫茶店でほろ苦い思い出を作るような、素敵な恋がしてみたかったなぁ。

京都の話、君にもっと聞いて欲しいんだけどまたの機会に。今から新幹線で帰ります。今日はたくさん歩き回ったから少し疲れたな。・・・脚マッサージしてよ〜

9月3日(土)

ずっとやってみたいと思ってたTwitterのスペースをやってみた。ほとんどお酒の力でしゃべってたけど、楽しかったな。とてもあたたかくて、とても楽しかった。ありがとう。

でも「あ〜楽しかった!!また今度気の合うみんなと話すのが楽しみだなぁ!」と素直に思うことができればいいのに、そうはいかないのがきっと私達なんだよ。君ならわかってくれるよね?

自分の箱から出るのは勇気がいるし、後から押し寄せる後悔はハンパない。というか私は箱から出れているのかな。私はどこまでも自己中心的な箱入り娘だから・・・自分で自分のこと、心配だよ。

自己欺瞞という箱を破った先は素晴らしい世界、とある人は言っていたっけ?箱の外は「思いやり」の世界?それは誰も傷つかない優しい世界?

いやいや、ほんまかいな?正直、疑っちゃうね。

思いやりがあるから箱から出れるのか。箱から出た後にはじめて思いやりの実態がわかるのか。

・・・たぶん後者だとは思う。まずは踏み出してみないことにはなにも始まらないんだよ、たぶんね。

なんにせよ、お酒は私の自己欺瞞を助長させる。

ここ数日ずっと意味不明なことを言ってしまうのもお酒のせいなんだよ、そしてお酒を飲んでしまうのは、ストレスが溜まる仕事のせいなんだ。。

私だって好きでこんな変な日記書いてるわけじゃない。現実逃避してないとやってられないんだ。そのためにお酒を飲んでしまうんだ。

最近、お酒の用法容量を正しく守れていない点を深く反省いたします。明日もどうせ二日酔いじゃん。明日こそちゃんとジム行こう。約束ね。

9月4日(日)

守れない約束なんだったら最初からしないほうがいいよ。

昔の恋人から言われた言葉。未だに胸が締めつけられる。それは私が10年前からずっと変わってない証拠だと思う。はぁ、ため息でちゃうな〜

意志が弱くてすぐへこたれる私だって、一生懸命がんばってるんだから、そんなこと言われたってしょうがないじゃないか。ってえなりかずきになっちゃうよ。

いくら私が嘘つきだからって、最初から破ろうと思って約束なんてする訳ないじゃん。果たされないことなど大嫌いかもしれないけど、しょうがないもんはしょうがないんだもん。。

楽しかった三連休も終わり。

今月はあと2回も3連休があるんだね!嬉しいな。でも明日の仕事が本当に嫌なんだ。怖い人が苦手なんだ。怖い人にもそれ相応の理由があるんだと思うけど、その理由を知る術を私は知らない。

ひょっとして君も同じだったりする?一緒にサボって公園でブランコでも乗りたいよね。はぁ、涙でちゃうな〜

9月5日(月)

体調を崩す・・・微熱だけど脳みそが灼ける。念のため、すぐに病院に連絡→検査をして陰性を確認。

ほんと、めんどくさい世の中になっちまったよね。周りに迷惑をかけないように細心の注意を払わないといけない。

気軽に嘘がつけなくなった反面、つかなくてもいい嘘をつかなきゃいけなくなった。「めんどくさい」では片付けられないぐらい疲弊しちゃうよ。

今回の微熱の原因は、仕事に対してだけど、”人に期待しすぎた病”だと思う。あと台風のせい。気圧の谷の影響を受けやすいんだよ、私の体は。

ちょうどあなたと出会った頃だったかな。

自分のmixiのプロフィール文に

  • 絶望しない
  • 依存しない
  • 期待しない

をスローガンにしてます☆〜(ゝ。∂)

って書いてたら、それを笑ってくれたよね。

強くも弱くもないつもりだけど、傷つきやすい時期もあるから、やっぱりこのスローガンはやっぱり私に必要みたい。

自分の足で立つ・・・かぁ。

許されるならずっと赤ちゃんのフリをしていたかったな。みんながんばっててえらい。よしよし。

9月6日(火)

ジェラピケのパーカーの肌触りがなんとも気持ちのいい季節になりました。熱はまだ下がりませんが、頭はだいぶ冷静を取り戻しつつあります。

さて、人間関係において、

  • 相手の立場になって、考えて行動しましょう
  • なにか意見したい時は、ある程度の信頼関係ができてからにしましょう
  • 信頼関係を築くには、まずは自分の仕事を一生懸命がんばりましょう
  • めんどくさい人とは距離を置きましょう

という、小学生の道徳の教科書レベルのことを身を持って学んだよ。どうせすぐ忘れるんじゃろ?とか言わんといてよ。ほんまそれ図星じゃけぇ。

でも、私またレベル上がったと思うよ。私のレベル上げに付き合って下さりどうもありがとうございました。おかげさまで良い修行になりました。

ウジウジしていた私、サヨウナラ。

フレッシュで最新の私、コンニチワ。

ハジメマシテ。マタアシタ。オヤスミナサイ。

9月7日(水)

自分を正当化するために、他人を貶すような人もいるけど、まぁそういう人もいるよね、と思って受け流すしかないのかな。

というか、自分だって、いつそちら側に変貌してしまうかもわからないから。とにかく、なにも否定せず生きる。これに尽きるのかもしれません。難しいですけどね、元々、口悪いですしおすし。

お風呂出たら今日はブログ書こ〜。粋でいなせなフロウをぶちかましたいぞ〜!うぇいうぇい!

9月8日(木)

平日働いていると、当たり前に創作活動などできませんね。当たり前ですけど。

久しぶりにジム行ってスクワットしたら、股関節痛いんですけど・・・。テンさげヤバぽよの助〜

9月9日(金)

右の股関節痛い。でも昨日よりマシかな。早く治れ・・・治れ・・・

筋肉は裏切らないかもしれないけど、靭帯と関節はふつうに裏切るんだよね。忘れてた。人体はそんなに単純にできてないんだよ、人の心と同じだね。

まぁしっかりストレッチしてなかったのが原因かな・・・ちゃんと手をかけずにごめんね。とにかく無理は禁物。もう若くないですし。

1週間お疲れ様でした。良い夢を。

9月10日(土)

気まぐれにTwitterのプロフィール文を変更。

”韻踏みたい”の母音が「いんういあい」

意気地なし、育児なし、緊急事態、自由自在、自分次第、自分以外、気分次第、菊地あみ

”アラサーちゃん”の母音が「あああーあん」

腹パンパン、生半可、ジャガバター、マザーファッカー、サラダバー、なんだかんだ、たわわちゃん、パッパラパー

など、似たような音の単語を借りてきてリズム感重視で考える。わりと頭を使うのにブランディングもクソもない。そういうのは苦手だからとうの昔に諦めたし、私は岡村靖幸と同じ気持ちで、君にだけにモテたいんだぜ?

\ 愛はおしゃれじゃない /

なにか単語を探したい時は、大体ネットから拾ってくる。広辞苑要らずの世の中で助かる。理想を言えば、自動的に取りだし自由自在の脳とお口が欲しかったけど・・・そんなの私には無理だから。

言葉遊びに関して「My韻ノート」を作るほどの情熱も向上心も消滅してるし闘争心みたいなものも特にない。ただ、気ままに・・・フロウしたいだけ。

ラップ用語で言うところの”フロウ”は、音楽に言葉を乗せた時の歌い方だとか、強弱とか歌いまわしとか、たぶんそんな感じ。

私の敬愛する菊池成孔先生は「フロウはゆらぎのこと」と定義づけしていたかな。つまりは、感情の揺らぎだとかも含めて、目には見えないけど確かにそこにあるものを音に乗せて楽しむ姿勢のようなものだと思っている。その辺はラップでもジャズでもパンクでも同じようなものかも。

韻を踏むのは、言葉尻を捕らえて遊べるのが楽しいし、なにかしらで点と点が繋がると、脳がブワ〜っとする感じが気持ちよくて好き。

ヒップホップなんか聴いてる人はギラギラしてる人が多いイメージもあるけど、私はユラユラ聴ける危なくないヒップホップが好きだよ。

ちなみに、人体で1こしかないパーツといえば、口と性器だよね。あとは大体2こセットじゃない?(きゃんたまさんは、2こセットだけどここでは例外と考えてほしい・・・)だから、その・・・つまり・・・ラップするって、いわゆる性行為・・・みたいなイメージがある・・・凸凹・・・

なんかさ、こんな気持ち悪い私だけど、たまにモテたいなって思うんだ。ただのくだらない承認欲求だと指を指されて笑われるかもしれないけど。あと、こんなこと言ってるようじゃ一生モテないこともわかってるけど。ありのままの自分のままでモテたい、と願う気持ちは、正真正銘、童貞そのものだと思うけど。

もし、キャラ作りだと思われてもしょうがないけど、実際私はそんなに器用じゃない・・・どうせならとことん振り切れる潔さが欲しかった。中途半端っていちばんサブいじゃん。

でも結局のところ、私は私に一番モテたいし、それさえ叶えば別にいいかなと思ってる。それさえ叶えば史上最強だから・・・そうは言ってもやっぱり君にはモテたいと思ってる。私は君のことが、だいすきだから。

迷惑かな、ごめんね。自己中なんだ。自己治癒中。矛盾と不純。真夜中は純潔。今夜は十五夜。こんばんは浮浪者。オオサワはウーロン茶。

9月11日(日)

この日記を読み返すと、

毎日毎日、飽きもせずによくこんな気持ち悪い日記書いてるなぁ。アンタなにがしたいの?

という気持ちでいっぱいになるよ。

私だって虚無感を感じてる。私がもし今10代だったら「公開オナニーズ」ってバンド組んでるよ。私はギターボーカルがいいな。一番モテそうだし。

今夜もマイクロフォン握りしめ、恥骨でディストーションを感じます。ギュインギュイン。

あ〜あ、、久々にあやまんジャパンでも聴こ。

\ 偏差値2の癒し系ソング /

9月12日(月)

昼間はすました顔でオフィス街を歩いてるけど、マスクの下では実はあやまんJAPAN歌ってる。

そういう自分が、実は嫌いじゃない。

ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽいぴ〜

9月13日(火)

好きな人といい感じになる夢を見た。

いいところで目が覚めた。なんか切ない気持ちになった。でもメロウというかなんというか・・・

今夜また続きが見れますように。

9月14日(水)

なんとなく、昔から「男の子が羨ましい」という気持ちがある。

はじめてこの気持ちを認識したのは、川本真琴の「1/2」を聴いたときだと思う。

見えなくなるほど遠くにボールを投げれるつよい肩。羨ましくて男の子になりたかった

川本真琴 「1/2」より

るろ剣アニメが放送してた頃だから、小学生低学年とかだったと思うけど「私もー!!」ってめっちゃ思ったんだよね。

ってか、今だって思ってる。筋トレで重いもの持ち上げれるの、羨ましいんだ。そのテストステロン、私にもわけてほしいよ。いいなぁ。

当時から身近に男の子を感じたことも特になかったはずだけど、少年ジャンプを読んで育ったから、やっぱり「つよさ」というものには強烈に憧れがあった。強くなってどうすんだ?と聞かれるとわからん。ただ、ワクワクしたいだけかな。

あと、男の子はなんだか自由で楽しそうだ。さらっと下ネタ言っても許されるし、バカっぽいノリではしゃいでみたり、わりと向うみずな行動もできる。危険な場所にも一人で行けたり、知らない人に会いにいくのも度胸さえあれば何も問題ないように思える。

女の子のおっぱいを触れるのも、実はすごく羨ましい。私は”風速100kmおっぱい”しか触ったことないのに。ずるいよ男子・・・.(時速100kmの乗り物に乗ってる時に、手をもみもみしたら、Cカップと同じ感覚が味わえるんだよ。知ってた?)

話がそれてしまったけど、上に書いたようなことって「女の子」がやろうと思うと、なかなかそうもいかないことが多い。集団で生きる上で無視できない部分が多いと感じるし、自衛のために、行動を制限しないといけないことも多い。生理もしんどいし、月の半分はホルモンバランスに左右される不自由さもある。興味本位で同性に「おっぱい触らして」というのも正直、言いにくいもん。

(前時代的に「男の子」「女の子」という、ひと括りにしてしまって申し訳ないけど、結局のところ”人による”ということは承知しているつもり・・・.語弊があればごめんなさい)

えーと、、つまり、何が言いたいかと言うと・・・私も小学生レベルの下ネタが言いたいんだ。そのノリをギャハハって笑いたい。別に意味なんてないよ。下品だと思われるのが癪だからリアルでは絶対言わないけど・・・我慢してるんだ。そういう女の子は多分多いと思うんだけどどうなんだろう。

この日記は、思ったこと全部そのまま書くって決めてるから、思いついたら下ネタも書いちゃってるけど、それでもまだ多少は遠慮してる・・・ほぼ読まれてないとはいえ、私にも多少の恥じらいがある。ああ、でもやっぱり小学生のようにはしゃぎたいな。

だからといって、女の子でいたくないわけじゃない。女の子でいる楽しみもたくさん知ってる。私は人とおしゃべりするのはあまり得意ではないけど、おしゃれだとかメイクだとかは楽しいと感じるし、女の子でよかったなぁと思う瞬間は多々ある。

女を磨くというのは、結構こっ恥ずかしさを感じたりすることもあるんだけど、それでも自分のために綺麗でいることはとても楽しいよね。

だけど、やっぱ男の子にもなってみたいな。どっちにでもなれる世界があればいいのに。もしくは、男女とか関係なく「私はあなたが好きなんだよ」って普通に言える社会。

「1週間でいいから、おちんちん貸して?」

そんなお願いをしたら、一体君はどんな顔をするのかな?君の困った顔が見てみたいな〜なんて言ったらまた嫌われちゃう?

へへ、ごめんごめん。

9月15日(木)

生理2日目。お腹と腰と頭が痛い・・・でもブログが書きたい。最近書きたくてたまらないんだ。頭パンパンで破裂しそう。

でも、7時間睡眠だけはぜったい削らない。ぜったい自分にやさしくね。ゆびきりげんまん!

9月16日(金)

自分にとって「特別」だった人が「最善」に変化していくのは、とても喜ばしいことだけど、やはり少し違和感を感じる瞬間があって、そういう時にひとりでいたいと感じる。私には無理なんじゃないかと思ってしまう(共同生活)

でも、もう一緒に暮らし始めて7年?とかになるんだよね。籍を入れる必要性を感じていないからずっとこのままだけど、いつまでこのまま、が続くのかはわかんない。あんまり考えられないし考えたくない。でも彼が傍にいない生活なんて考えられないし、きっと淋しくて無理だ。

だけど、だけど、この気持ちはなんなんですかね!モヤモヤ!

\ 愛の!才能!ないの! /

9月17日(土)

今日はのんびりご飯を作りながら、珍しく映画を観た。私の中で映画って読書同様に結構気合い入れないと手を出せない扱いの娯楽になってる。

時間とお菓子を準備してからじゃないと観る気になれないし、なんなら作品選びの段階からもう疲れちゃって結局観れない。自分のこういうとこ本当に嫌だ。

いまや映画なんて、家にいながらサブスクで好き放題消費しまくれるのに。なんかきちっと作品と向き合わなければ!っていう謎の使命感がはたらきすぎちゃうのかな。

もうそういうのはナシにしようと思ったから、とりあえずなんも考えずに気軽に観ることにした。

見たのは実写の「ジョゼと虎と魚たち」

出てくる人みんな人間くさくて、きれいなだけで終わらないところが、すごくよかった。そう感じたのは、役者さんの演技がすごくよかっただし、主題歌のくるりの「ハイウェイ」もすごくハマってた。

人間ってそんな大層なもんじゃないぜって感じたけど、そこがすごく愛しいなって思う。ピュアでヤリチンの主人公も、身障者という立場で諦めと欲の間で葛藤するヒロインもほんとリアルで胸が苦しくなった。

なんとなくだけど「”めんどくさい”にどう向き合うか」ということが、ひとつのテーマになっているよう感じた。

「めんどくさい」に対処するには、好奇心と愛が必要だなぁと、そんな風に思った1日だった。

あと、作ったご飯がすごく美味しかった。

「なにかでかいことをしてやろう」という気持ちは私にもあるけれど、日々ふつうの幸せを大切にしていくことが、愛を育むのかもしれません。知らんけど。

9月18日(日)

がんばってブログ書いたから疲れちゃった。

明日からまたがんばろう。やればできる。やればできる。西野カナもきっと応援してくれる。

I say, がんばれ私! がんばれ今日も!「お疲れさん」「おやすみなさい」

西野カナ have a nice day より
運動後に疲れて横たわるダイエット中の30代女性

9月19日(月)

突然ですが、YouTuberになりました。

くるりの琥珀色の街、上海蟹の朝を歌ってみた

今日思い立って、まがいなりにも早速カタチにできたのは嬉しいな。突発的じゃないとなかなかこういう行動ってできないし。

大抵1回やったら満足しちゃうタチだから、もう更新しないかもしれない。するかもしれない。あんまり上手じゃなくて落ち込むけど・・・我ながらノリノリなのがムカつく。

でも、私が楽しそうでなによりだと思う。

私ねー昔からひとりで遊ぶのが好きなんよ。でもたまには人とも遊んでみたくて、今がその時なんだよね。逃げ腰にならないよう、失礼がないよう、愛を持って色々やってみたいな。

9月20日(火)

私の庭はいつも散らかっている。

なにかひとつやると、それが他のやりたいことをたくさん連れてくるから、私は手が回らなくなる・・・ちょっとお手上げだけど、やりたい気持ちが抑えきれてない。

でも夜は今日こそネイル塗ろう。

あれはきっと、一度手を止めて頭を休ませるための、まじない的な行為なんじゃないかと思う。

素敵な秋色に塗ってあげましょう。

いまは呼ぶなや〜〜

9月21日(水)

久しぶりに彼と一緒にお風呂入った。疲れてるって言うけどほんとよくしゃべるなぁって笑けてくる。こんな時は山崎まさよしのセロリが聴きたくなるよ。家は狭くてもいいから、お風呂が広いとこに引っ越したいな〜〜

9月22日(木)

練習しなくてもできる楽器が欲しいと思ってメルカリで300円でカスタネットを買った。

届くの楽しみ。どっかの子供が使い古したであろうカスタネット。なんかいいよね。

あと本作りの本も2冊購入。ネットで調べるのもいいけど、本作るなら本から学びたいと思って。

時間がもっとほしい。もっと他に削れる時間があるはずなんだけど、今すごく欲張りモードだから上手に取捨選択ができないのが悩み。

贅沢病と呼んでいます。太らせすぎに注意!

9月23日(金)

YouTubeのショート動画が200回再生ぐらいされててびびる。わざわざバッドボタンもありがとう。無反応よりよっぽど嬉しいよ。

目的もなく片手間でやってるようなことだから、評価していただくのもおこがましくて、すみませんと思う気持ちもある。なんか本気でやってる人に失礼なんじゃないかなぁとか。

でも、いいんです。なんもできんヤツがなんかしても許される時代だと信じています。

9月24日(土)

自分の見た目がイヤになってモヤモヤした日。

少し外を歩けば可愛い人がたくさんいる。私もそれなりにがんばっちゃいるけど、なんというかすごく惨めだ。

なにが悲しいって、結局私も他人が決めた価値観にとらわれちゃってて、いつまで経ってもそこから抜け出せないこと。

以前よりはだいぶマシになったけど、それでもたまに猛烈にこの感情に襲われる。

かわいそうな私を救ってあげれるのは自分だけだ。どっかのラッパーも言ってたけど「ないものねだりよりあるものえばり」が大事なんだよ。

私の磨くべき武器ですか?

そんなの未だにわかりませんけど、。

あぁとにかく憂鬱。

こんな日もあるよね。寝ます。

9月25日(日)

はじめてボート乗った。楽しかった。

ちょっと元気がない時は自然と触れ合うのがいちばんいい。そういうDNAなんだよ、きっと。

絶対日焼けしたくないマン

9月26日(月)

オレのコトバはただのSEX

イッて済ませるただのSEX

オデッセイ・1985・SEX より

Twitter見てて、久々に存在を思い出したので、しばらくぶりに遠藤ミチロウを聴いた。くぁ〜たまんね。

私にそんなに反骨精神はないけど、こういう人をみてるとスカッとする。

わたしたちが言いづらいこと、うるさすぎるほどに代弁してくれてありがとう、という気持ちが生まれる。だから私は音楽が好きなんよ。

9月27日(火)

今日はなにも言いたくない気分。

いや、やっぱりひとつだけ。

安心感がなければ「遊び」に没頭することができない。という言葉を目にしました。

たしかに、遊びに必要なのはスリルじゃなくて安心感なのかもしれない。

私にとっての不安は憑き物みたいなもんです。いきなり取り憑かれて私を困らせる。

助けて〜ぬ〜べ〜

9月28日(水)

メンタルよわよわモードなので、朝からちゃんみなを聴いた。なんでこんな歌詞書けるんだろって思うとなんか泣けてちゃって「美人」をリリースした頃のインタビューとかを読んだ。

ちゃんみな氏が「自分がデザインしたものを再現しているものが美しいと感じる」みたいにインタビューで話してて、ああ私もそれがしたいんだなって思った。

自分がつくる作品だけじゃなく、外見や内面も含めて。‬そのために自分の美学がなんなのか、私はもっと自分と向き合わなければならない。

その過程で人の美学を批判することはしたくないし、自分の美学がわからない上で、その他大勢が決める美に従うということもしたくない。

みんな、自分のことが大好きで自分のことだけに集中できればいいのに。それを突き詰めることができれば、不必要に他人から干渉されることもなくなるんだろうけど、まったく干渉されないのもさみしいと思うから適度なラインで。

欲張りかもしれないけど、感覚が近い人とは気持ちをわかちあいたいし。一緒に美しいものを作れればたぶんすごく気持ちいいんだと思う。

私は美しいものが好き。私の好きなもの、ヒップホップもボディビルもアートも各自の己の美学がつまってるから好きだったんだ、と改めて気づかされた日でした。

そう思うと世の中だいたい美しいです。醜いものは私の目には映りません。

9月29日(木)

心地よく生きるためには、現状を改善する努力と、現状に感謝し満足する心のバランスが必要だと思います。

ありのままの自分を受け入れましょうという言葉はすごく残酷だ。聞き慣れたこの言葉には、うるせぇ、私の好きにさせろ。と思ってる(ただの思考放棄とも言う)

私はありのままの私を受け入れてくれる場所を持っているんだから、ただそこでじっとしていればこんな思いもしなかったのな。とか思っちゃったりなんかしちゃったりして。

でも現状維持ってつまらんからさ。
私もう止まりたくないし〜。

自分のことですか?
大好きです。救いようがないほど。
毎日、胸が苦しくてしょうがないのです。

以上、朝のポエム、
自己否定型ナルシストの憂鬱でした。

と、ここまで書いて、朝からダウナーな気分だったけど、色々集中してたら落ち着いてきた。

創作意欲ゥ!!
ナイスゥ!
メンタルコントロールゥ!

9月30日(金)

久しぶりになんも気にせず飲み食いした。

しあわせです。

あと、この秋にぜったい食べたいのは、焼き芋屋さんの焼き芋、栗がいっぱいの栗ご飯、ミョウガをいっぱい乗せた茄子の揚げ浸し、焼いた秋刀魚と大根おろし、よく冷えた梨、りんご入りのポテサラかな。美味しいチューハイも見つけたので、呑んだくれるのもいいなぁ。

食欲の秋です。

※横スクロールできます